« 三鉄こたつ列車!! | トップページ | ローソンで思わぬ収穫 »

誇り!鵜鳥神楽!!

今日は仕事の関係で文化会館で開かれた郷土芸能を観てきました。地域に伝わる郷土芸能が一堂に会すイベントとあって、1000人収容の客席はほぼ満席!そんななかで郷土芸能の数々が披露され、拍手喝さいと声援が送られたのです。

さてさて、中でも最大の賛辞を浴びたのが、普代村の鵜鳥神楽(うのとりかぐら)

鵜鳥神楽は、国選択の「記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財」に指定されたほどの貴重な神楽。「北の鵜鳥、南の黒森」と称され、国指定重要無形民俗文化財に指定された黒森神楽とともに、全国的に貴重な「廻り神楽」を行う神楽なのです。

この日は、「勢剣」という演目を披露。これは、静御前の息子である今若、乙若、牛若(源義経)が修行する様子を演じる激しい舞なのです。

実は、最近知ったんですけど、鵜鳥神楽は三拍子で、一般的な神楽に比べてリズムがよく、激しい動きが特徴なのだとか・・・。なので、みているほうも気持ちがいいんです。

そんな激しいリズムに乗って若い演者3人が10分以上舞い続けると会場からは大きな拍手!!

ぼくも思わず拍手し、声援を送っちゃってました。

まさに、将来に残すべき宝!!

そして

なんと

今日は普代村の公民館で演目の披露があるというのでこちらにも出席。午後6時に始まり、午後10時過ぎまで踊り続けるのだとか・・・。お疲れ様です。

僕が見たのは、「岩戸開」伊勢参り」「山の神」

「岩戸開」は若い武者2人の競演に「勇壮」の一言。

「伊勢参り」では伊勢参りと山伏によるショートコントのようなやりとりが繰り広げられ、観客と一体になったやりとりがあるのです。

そして最も人気のある演目「山の神」は、真っ赤な鬼の面をかぶって山の神が登場!激しい太鼓と笛の中、豪快な舞が披露されました。

また、観たい。

そして、自分も演じてみたい~!

鵜鳥神楽。もうとりこです・・・。

P1080036_4

|

« 三鉄こたつ列車!! | トップページ | ローソンで思わぬ収穫 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/206037/5210903

この記事へのトラックバック一覧です: 誇り!鵜鳥神楽!!:

« 三鉄こたつ列車!! | トップページ | ローソンで思わぬ収穫 »