« 飲んだ後のギターコンサート | トップページ | 劇団四季「王子とこじき」 »

ギターのブランク

アパートの下の階の人が今日引っ越した。だから今晩は久しぶりに思いっきり夜中までギターを弾くことにした。家でギターを弾くときは、なんとなくテレビとかみながらになっちゃうから、あぐらかきながらなんだけど、今日はちゃんと足代を使ってまじめに弾いてみた。

そしたら…なんとも情けない、ブランクを痛感するハメになった。

P3170002

いやー、弾けねーこと弾けねーこと…。普段、あぐらのときと支え方が違うだけでこんなに弾き心地が違うもんなんだね。弾けないのは、今までサボっていたというのもあるのだが。

まじめに弾いたといってもスケールとかアルペジオの練習をしたわけではなくて、覚えている曲で思いつく順番に演奏してみた。

1.ノクターン(ヘンツェ) 2.ラグリマ(タレガ) 3.カバティーナ(マイヤーズ) 4.禁じられた遊び(スペイン民謡) 5.11月のある日(ブローウェル) 6.アメリアの遺言(カタロニア民謡) 7.アラビア風奇想曲(タレガ) 8.フリア・フロリダ(バリオス) 9.郷愁のショーロ(バリオス)

楽曲は有名なのばっかなんだけど、まじめに弾こうとしたら大学時代に比べ弾けなくなってた。気になったのは、①押さえている弦を離して次のポジションに移動するときに音が鳴ること。②アポヤンドの音が深みがないこと(ツメ削ってないからかな)③1曲を弾ききる体力(握力?)がなくなってること(余計な力はいっちゃってる)④そして、表現する余裕がないこと…⑤極めつけは、スケールやアルペジオで指が空回りしそうになること…

理由は明白。

 

「練習不足」

 

あー、がんばらねば。多分4月になったらまた新しい人が下の部屋に入居してくる。それまでに、スケールやアルペジオなど基礎練習でなまった指を復活させよう!!

|

« 飲んだ後のギターコンサート | トップページ | 劇団四季「王子とこじき」 »

ギターのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/206037/5727281

この記事へのトラックバック一覧です: ギターのブランク:

« 飲んだ後のギターコンサート | トップページ | 劇団四季「王子とこじき」 »