« やっぱ福島は遠かった…vol2 | トップページ | わが家のアイドル »

次は火の鳥だ!!

ちょっと前に、仕事終わって夜だってのに東奔西走して手塚治虫先生の「どろろ」を買ったって話を書いた。実は、先日やっと全部を読破した。さあ、次は、手塚先生のライフワーク「火の鳥」だ!

Hinotori

この火の鳥は、何年か前にBookoffかどっかで買った。とっくに全巻読んだんだけど、せっかくどろろを読んだので、今度は改めて火の鳥を読み直したいと思ったわけ。

火の鳥のストーリーをおおまかに説明。(できるかな?)

主人公は火の鳥。(…ってわけでもない。毎回主人公は違う。主人公は人間)

火の鳥は人間にテレパシーで話しかけることができ、数百年(数千?)を生きられる。死ぬときは自分の体を燃え上がらせ、新しい命がそこから誕生する。火の鳥の生き血を飲むと不死の体を手に入れられる―という言い伝えから、おろかな人間どもが、火の鳥をめぐって争いを繰り広げる―というストーリー。(だったような気がする…)

この漫画を読んでびっくりしたことは、読んでいるこっちが年代がごっちゃになるのに、しっかりとつながっていること。ある巻で登場したキャラクターが別の巻で、また登場したりする。

実は火の鳥は完結していない。手塚先生のライフワークであったこの作品は、手塚先生の死によって、未完で終わっている。

あ~、もったいない。続き読みたい。

ボクがすきなのは、2巻。「未来編」。

西暦3404年。地球は核戦争により放射能に包まれる。火の鳥に選ばれ、不死の命を与えられた主人公マサト。人類が滅亡し、30億年以上、孤独と闘い、死にたくても死ねない苦しさの果てにマサトは生命を作り出す。生命は進化を遂げ、人間世界のような文明を作り出す。そのとき、マサトが見たものとは…。人間の強さ、おろかさを描いた力作!

機会があったら、つーか、機会作って読むべし!!

地球人なら必読!!

|

« やっぱ福島は遠かった…vol2 | トップページ | わが家のアイドル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/206037/5618029

この記事へのトラックバック一覧です: 次は火の鳥だ!!:

« やっぱ福島は遠かった…vol2 | トップページ | わが家のアイドル »