« ジジとババがいる店 | トップページ | ブエノスアイレスの冬 »

イカのおすし

「イカのおすし」って知ってる?

イカめしのことではありません。現在、全国の小中学生などの児童生徒たち誰もが知ってる言葉なのです。

意味は…

いか…知らない人についていかない
の…他人の車にらない
お…おごえを出す
す…ぐ逃げる
し…何かあったらすぐらせる  

詳しくはコチラ

最近、子どもを狙った連れ去り事件などが頻発していることを受けて、地域で子どもを守ろう、子どもたち自身も知らない人にはついていかないという認識をしっかりと持とう―という意識を持ってもらうためのものなのです。

今日はそんな「イカのおすし」の浸透ぶりを感じる出来事があったのです。

今日の夕方5時。仕事の用事で子どもを探して市内を駆け回っていると、小学生5人が道路端で遊んでたので、怪しまれると思いつつも声をかけた。

「こんにちは~。○○で働いてる人なんだけど、話聞いてもい~ぃ?」

明らかに怪しんでる顔。そこでちゃんと名札を見せて、「お父さんかお母さんいる?」と聞くと安心したらしく信用してくれた。

そこで一応聞いてみた。「怪しい人だと思った?」

一様に「うん」とうなずかれた。「イカのおすし」をちゃんと学校で習ってるから大丈夫だね。みんなよくできたね。お利巧だったね。

でも、寂しかった。

ご時世とはいえ、顔を知らない人というだけで、声をかけただけ、あいさつしただけで怪しまれるというのは、なんとも寂しい世の中になったもんだなぁ…と思ったのでした。

ま、でも用心には越したことないね。

|

« ジジとババがいる店 | トップページ | ブエノスアイレスの冬 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/206037/6149109

この記事へのトラックバック一覧です: イカのおすし:

« ジジとババがいる店 | トップページ | ブエノスアイレスの冬 »