« どっちで弾けばいい? | トップページ | 伊太利屋でランチ »

岩手山こんちは!

盛岡行ってきました~!午前9時発、午後10時過ぎ着。つかれました…。しかし、今日は天気がよくって、岩手県人の心のふるさと「岩手山」を車窓からしっかりとながめてきました。

Iwatesan

ちなみに、こちらは盛岡に向かう国道4号をはさんで岩手山の反対側にあるこれまた岩手の名山「姫神山」です。

Himekami

  岩手山は南部片富士といわれる岩手最高のヤマ(確か2038メートル)。一方、この姫神山は1000メートルちょっとなんだけども、ご覧のとおりの美しい二等辺三角形の山容が魅力でございます。この二つのヤマは、ちょっと南にそびえる「早池峰山」(2000メートルくらい)と並んで、霊山としてあがめられ、岩手の三名山と呼ばれます。

 この三つのヤマには伝説がありまして…。男の神であった岩手山と女神であった姫神山は元々夫婦だったそうです。ところが、もう一人の美しい女山である早池峰山に岩手山が恋をしてしまい、姫神山を遠ざけてしまった。ところが、いまだに三山はお互いが目に届くところにいるため、一緒に姿を現すことはない。だから今でも、岩手山が姿を現しているときは姫神山の山頂が雲で隠れる。岩手山と姫神山が姿を現しているときは早池峰山の山頂が雲で隠れる―という現象が起こるそうです。

 又聞きなんで、正確ではないと思いますが、とっても現実的な伝説ですよねぇ。結局は岩手山の浮気でしょ!?それと雲の流れを結びつけるなんて、昔の人たちはロマンチックなことを考えたもんですねぇ。

|

« どっちで弾けばいい? | トップページ | 伊太利屋でランチ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

cjさん。いつもありがとうございます(^^)。そう、オトコってバカですね。つーか、こんなことを伝説にする岩手県もおもしろい。決して、岩手県人が浮気性なわけではありません。県人を代表してひとこと…。

タッキさん。ぼくは結構、こういう伝説好きなんです。また、なんか見つけたらお知らせします。

takka4649さん。書き込みありがとうございます!浮気はダメですね。この伝説、いつごろからあるのか知りませんが、昔っからオトコは浮気性だったんでしょうねぇ。ははは…同じオトコとして立つ瀬がない。

投稿: すえっこ | 2007.05.16 午後 08時28分

愛の三角関係ですな!
浮世の話は昔からあるんですねぇ

投稿: takka4649 | 2007.05.16 午後 05時17分

勉強になりました。

投稿: タッキ | 2007.05.16 午前 07時18分

東北は、行った事が無いので景色が見れてとても嬉しいw。岩手山は、富士山のようで綺麗ですよね☆伝説があるのは、良いのですが、、、浮気話とはねぇ~。男って本当に困ったもんだぁ~。それとヤフーブログコメント有り難うございます。まだ、打ち返しないのですが後でしっかりやっておきます。これからもよろしくです。

投稿: CJ | 2007.05.15 午後 06時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/206037/6420566

この記事へのトラックバック一覧です: 岩手山こんちは!:

« どっちで弾けばいい? | トップページ | 伊太利屋でランチ »