« 前線の切れ目? | トップページ | ふだいまるごと海産まつり »

ダイエット履歴⑩

Run

Run2

10月3日は何の日?⇒僕の車のナビは毎日、今日は何の日とお知らせしてくれるんですが、それによると、10月3日は「登山の日」だそうです。

ダジャレかよ~~。

会社の友人たちは10人程度で連れだって八甲田山に日帰りで登るそうです。登山後は温泉で疲れをいやすのだそうです。

うらやまし~~。

ということで、僕もプチ登山、というか山登りラン!

先週同様、上り坂を攻めることにしました!

おそらく、僕の街でも数本の指に入るタフなコースにチャレンジ!

市街地を流れる川に沿って流れる河川公園2キロを軽く流し、直後からいきなりの山登り。標高差185メートルを2キロ強かけて登り、その後、2キロ強かけて一気に駆け下りる。

坂を降りたらそこは田園風景が広がる郊外。稲刈り間近の田んぼを横に見ながらひた走り、市街地へ戻る。

全部走れば想定約15キロにはなるでしょうか。10月にしては強い日差しの昼下がり、いざスタート!!

まずは10分のウオーキングで体をホットに。。。

河川公園をウオーキング。キロ5分30秒はゆっくりペース。しかし、想定外の向かい風がキツイ。。。

2キロのゆっくりランを終えると、すぐに立ちはだかるのが、標高185メートルの上り坂~。大事なのはLSD(ロングスローディスタンス=時間をかけて長い距離を走る)。

しかし、心臓破りとはこのことか、胸が、モモが、ふくらはぎが悲鳴を上げる。

次のカーブで頂上か?いや違った。。。

次か?いやまた違った。。。

そうやって何度も裏切られて孤独に走ること数十分。僕よりも本格的なランナーが歩いているのが先に見えるではありませんか。

たぶん、この坂に果敢に挑んで砕け散った勇者か。僕よりは当然実力があると思われます。僕よりも速いペースで攻めたことがたたったんでしょうか。

申し訳ないですが、声をかけず(余裕がなかった)に追い越す。

いよいよ頂上が見えた。

一気に駆け下りたいところだが、足に負担がかかりすぎ、それすらままならない。

時計を見ると、通常キロ5分のところ、キロ7分強の計算になっていた。

さすがにこいつぁヤバい~。と気合を入れて駆け下りる。それに、さっき追い越した実力者に追いつかれたくはないし。

下りは足に、腹筋に、背筋に負担がかかる。体が悲鳴をあげる~。

痛みをこらえ長い長い下りを終えると、キロ6分程度まで持ち直していた。

そして、また走りだす。予想通り、ここはきれいな稲穂が広がる田園風景で目がいやされる。

背筋の痛みは飛んだが、腹筋の痛みは消えないまま。たまらず、立ち止まりマッサージ。

途中、おじいさんに「がんばれー」と声をかけられ、最後のひと踏ん張り!!

結局は最後のクールダウンも考えてラン終了。

ラン時間:1時間14分

ラン距離:12.8キロ

現在体重:74.6キロ ←落とせない~~。

時間も距離も最長。しかも、コースも最高にタフだった今回のラン。

次はどんなコースに挑戦しようか。

ダイエットから明らかに目的変わってます。

|

« 前線の切れ目? | トップページ | ふだいまるごと海産まつり »

ダイエット履歴」カテゴリの記事

コメント

takka4649さんhappy01

おはようございます~。
普段はサディスティックな僕も、ランになると苦しいコースを求めるようです。

勧められていた宮古サーモンハーフマラソン出ようと思ってたんですが、なんやかんや理由をつけて結局おじけずいてしまいました~。すいません。

次はなにがあるかな?
来年の八戸うみねこマラソンを目指そうかな~と思ってます。

投稿: すえっこ | 2009.10.06 午前 08時17分

お!走ってますな~。このコースは私も経験しましたが、確かにサディスチックな登りですねー。
しかしランナーズハイを感じてることと思われます、ゼヒ、マラソン大会に出場して一緒に走りまショー!

投稿: takka4649 | 2009.10.06 午前 07時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/206037/31644663

この記事へのトラックバック一覧です: ダイエット履歴⑩:

» バストマッサージ方法 [バストマッサージ方法]
胸を大きくするにはバストマッサージが有効と言われています。しかし、ちゃんとしたマッサージ方法を行わなければ効果が出ません。そんなバストマッサージの効果的な方法について紹介していきます。 [続きを読む]

受信: 2009.10.10 午前 10時35分

« 前線の切れ目? | トップページ | ふだいまるごと海産まつり »